復縁したい元彼に会いたいと思わせて会う約束を取り付ける方法

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 39 秒です。(500字/分)

彼と会う約束ができる誘い方とできない誘い方の違い

メールのやり取りは簡単にできてしまうのに、彼と会う約束をしようとするとなぜかうまく話すことができないと感じている方も多いのではないでしょうか。

彼は会いたくないのではないか、と思いながら会話しているとうまくいきません。

実際に、そう思って会話しているので、彼に会う約束を取り付けられなかったというケースは多いです。

彼は会いたくないと思っているのではないか、と思いながら彼を誘ってしまうと、誘ってみた後の彼の反応が芳しくなかった場合に、もう一度彼を誘ってみようと思っても誘いにくくなってしまいます。

あともう一押しすれば会うことができるのに、ためらってしまってどうしても誘うことができない。

そうやって、ためらいながら誘ってしまうと、彼もなんとなく合いにくくなり、そのまま会えない状態が続いてしまいます。

ですから、ここから彼があなたに会いたくなる誘い方について説明します。

まず1番重要なのは、彼が会いに来るということを前提として彼を誘うことです。

彼に断られるかもしれないということを前提に誘うのではなく、彼が会いに来るということを前提として彼を誘います。

会う約束はできない方の大半は、断られる事を前提に会う約束を取り付けようとしています。

断られることを前提にしていると、曖昧な誘い方しかできないので、彼もはっきりと返事をすることができません。

そういうことが何度も続いていると、彼はだんだん返信をしてくれなくなり、結局会うことができないままになってしまいます。

そこで、彼を誘うときに、彼に行くか行かないかを選択させるのではなく、行くならいつ、どういう場所に行くかということを選択させる誘い方をします。

この誘い方だと、どちらを選んでも行くことになるので、彼の方も会う約束をしやすくなるのです。

誘い方1つでも結果は大きく変わってくるので、是非この誘い方を試してみてください。

メールに写真を添付して会っている時の臨場感を高める

メールで文字ばかり送っていると、あなたについてイメージできるものも文字だけのものに限定されてしまいます。

しかし、あなたの写真を送れば、彼があなたのことを具体的にイメージできます。

できるだけ写真写りの良いものにしてください。

顔写真を送るのが恥ずかしいときは、例えば、髪を切ったので切った部分だけを写真に撮って送るとか、日焼けしたので日焼けした肌だけを写真にとって送るというような事でもいいでしょう。

そういう写真を彼が見ることによって、彼があなたと会った時のことを具体的にイメージしやすくなるので、彼があなたに会いたいと思うようになることもあります。
最も重要なのは、あなたが彼を誘うときに、過度に遠慮する必要は無いということです。

友達感覚で誘うようにしてください。

あなたが曖昧な誘い方をしてばかりいると、彼も曖昧な返事しかできなくなってしまいます。

気楽な感じで誘ってみれば、彼も気軽に会ってくれるようになるはずです。

復縁の電子書籍

関連書籍

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析